東浜巨ソフトバンクの年俸推移や2018年の成績は?球種や球速も!

どうも管理人のたいがだ。

 

今回紹介する記事の内容は、ソフトバンクホークスに在籍している東浜巨投手について記事を書いていこうと思っている。

 

ソフトバンクホークスは、2018年のシーズンはリーグ2位に終わってしまったがクライマックスシリーズでリーグ1位の西武ライオンズと対戦を行い見事、日本シリーズへの進出を決めることが出来た。

 

この勝利にはやはり東浜巨投手の力投もあったからだと思う。

 

では、一体どんな選手なのかや2018年までの年俸推移と成績について紹介していこうと思う!

 

スポンサードリンク

東浜巨ソフトバンクの年俸推移や2018年の成績は?

 

では、初めに年俸推移から紹介だ!

年俸推移一覧

2013年 1500万円

2014年 1400万円

2015年 1700万円

2016年 1800万円

2017年 3600万円

2018年 9000万円

 

年俸推移を簡単に紹介してみたが、やはり右肩上がりでどんどん年俸が上がっていることが分かる。

 

お金持ち球団であるソフトバンクホークスに在籍しているということもあるとは思うが、やはり球団の勝利に大きく貢献していることが要因になっていると思う。

プロ1年目から1500万円の年俸を貰っているので相当な期待を受けていたんだ。

2014年には100万円年俸が下がってしまうが、2015年からはずっと上昇している。

 

また、2017年から2018年に掛けては約3倍の年俸を貰っているのでこれからも更なる活躍に期待したいよな。

 

では、続いて成績について紹介していこうと思う!

 

スポンサードリンク




成績について

 

では、多くの年俸を貰っていることが分かったのでどの様な成績を残して来たのか紹介していこうと思う!

 

成績一覧

2015年 1勝 2敗 投球回数28回 防御率4.82 自責点15 被安打34 与死球17 奪三振23 被本塁打2

2016年 9勝 6敗 投球回数135回 防御率3.00 自責点45 被安打113 与死球37 奪三振100 被本塁打13

2017年 16勝 5敗 投球回数160回 防御率2.64 自責点47 被安打135 与死球44 奪三振139 被本塁打17

2018年 7勝 5敗 投球回数103回 防御率3.32 自責点38 被安打91 与死球32 奪三振83 被本塁打15

 

簡単に成績を紹介してみたが、完全にソフトバンクホークスには欠かせない投手の一人となっている。

 

投手のローテーションにも入っているので、これからも更なる活躍に期待したい。

 

恐らくこのまま行けば年俸の1億円超えも時間の問題だろう。

 

後は、2018年の日本シリーズで日本一になれるかだよな。まだ記事書いている時点では日本シリーズが始まっていないのでどの様な結末になるのか気になる所だ。

 

相手は乗りに乗っている広島カープなので、簡単に勝てる相手ではないのでとても面白い戦いが見れることだろう。

 

スポンサードリンク




 

球種や球速も!

 

では、続いて東浜巨投手の球種や球速について紹介していこうと思う。

 

球速は、最速152キロのストレートが最大の武器だ。

 

球速は、ツーシームとスライダー、カットボール、カーブになる。

 

 

速球派の投手なので変化球の変化幅がそこまで大きくないので打者に打たれやすいことがたまにある。

 

しかし、今となってはソフトバンクホークスの大事な投手の一人となっているのでどれだけチームに貢献しているのかファンからしたら分かるのではないかと思う。

 

 

またこれから日本シリーズも開催されるので、どの様なピッチングを見せてくれるのか楽しみだぜ!

 

スポンサードリンク




 

東浜巨選手のプロフィールは?

 

 

東浜巨―野球日誌が語る22年


では、最後に東浜巨選手とはどの様にしてプロ野球選手になったのか紹介していこうと思う!

 

1990年6月20日沖縄県うるま市に生まれる。

 

小学校2年の時に地元にある野球クラブ「与那城ストロング」で野球を始めることになる。

中学校に進学すると軟式野球部に所属していた。

 

中学3年生の時には、沖縄県大会を優勝しておりそのまま九州大会へと出場することが出来たんだ。

 

チームのエースとして臨んだ九州大会で3位入賞と中学生最後の夏で素晴らしい成績を残すことが出来た。

 

高校は沖縄県でも屈指の野球強豪校である、沖縄尚学高校へ進学をする。

 

沖縄尚学高校と言えば、春の甲子園で優勝を経験している高校であり沖縄県で野球をしている中学生であれば入学したいと思うだろうな。

 

東浜巨選手は中学生時代の勢いそのまま、高校1年生の春にはもうベンチ入りをしているんだ。

 

とてつもない部員数がいる中で少ないベンチ入り出来る人数の中で入ることが出来ているのはどれだけ野球が上手であったのか想像が付くだろう。

 

高校3年の春には憧れであった甲子園に出場しており、5試合を41回投げて9年ぶりの春の甲子園優勝へと導くことが出来たんだ。

 

3年の夏も同じく甲子園を目指していたが、沖縄県大会の決勝戦で敗退してしまい春と夏の甲子園連覇の夢は絶たれることとなった。

 

高校卒業後は、即プロ入りすると言われているが進学を希望して亜細亜大学へ進学を決意することに。

 

亜細亜大学と言えば、当ブログでも書いているがとてつもなく練習がきついと有名な大学である。

しかし、きついが故にプロ野球選手輩出率は全大学トップである。詳しい内容に関しては、別記事があるので是非読んでくれよな!

 

【関連記事】

亜細亜大学野球部が地獄と言われる内容は?不祥事の内容も紹介!

 

大学進学後は、1年の春から東都大学野球リーグに出場し新人賞を獲得することも出来た。

 

その後もチームのエースとして君臨することが出来、2012年のドラフト会議でソフトバンクホークスと西部ライオンズ、DeNAベイスターズの3球団から1位指名を受けソフトバンクホークスが交渉権を獲得して、約金1億円プラス出来高払い5,000万円、年俸1,500万円でソフトバンクホークスに入団することになった。

 

中学生時代から高校、大学と素晴らしい野球人生を歩んでいることが分かった。

 

プロ野球選手になっているので、想像を絶する努力を重ねて来たんだと思う。

 

またこれからも更なる活躍に期待したいぜ!

 

【まとめ】

  • 東浜巨選手の年俸は右肩上がりを続けており、2018年には9000万円となった。
  • 球速は、最速152キロであり球種は、ツーシームとスライダー、カットボール、カーブ。

 

スポンサードリンク




 

【関連記事】

東浜巨が結婚したのはいつ?彼女のプロフィールや名前と画像も!

東浜巨はイケメンで彼女はいるの?結婚やネット上の声についても!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です